iPhone7sの修理を行う流れ - iPhone7sで是非利用したい保護シート
  • iPhone7sの修理を行う流れ

    iPhone7sは、使用していれば故障してしまうこともあります。


    最も多い故障が液晶ディスプレイが割れてしまうという事例です。



    iPhone7sを高いところから落としてしまったり、うっかり踏んでしまった場合に起こります。
    故障した場合はメーカーに修理に出しますが、手元に帰ってくるまでは1週間以上掛かってしまいます。

    goo ニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

    これは、修理に至るまでの過程が複雑なためです。


    iPhone7sは、アップルが全ての部品を製作しているわけでは無く、複数の部品メーカーが製作した多くの部品が組み合わさって出来ている製品です。
    故障した場合は、まずアップルが故障箇所を特定して修理を行い、症状が改善されたことを確認してユーザーに返却します。

    そして、故障した部品を製作したメーカーに送り、部品メーカーが故障の責任を取るという形式でアップルに修理に要した費用を見積もり、その費用がユーザーが負担する修理代金となるのです。こういった過程を経て修理代金が確定するため、修理が完了したiPhone7sを受け取るまでに時間が掛かるのです。

    しかし、故障したのが購入した直後など、保証期間内だった場合は修理費用をユーザーでは無くアップルが負担するため、通常よりも早く受け取れることがあります。



    保証期間内でも水濡れや電池容量の低下といった故障の場合は保証の対象外となってしまうので注意しましょう。

    iPhone7sを使い慣れていると、一日でも手放せなくなります。故障しないように丁寧な使い方を心がけましょう。